御祭神

【主祭神】北辰妙見尊星王(=天之御中主大神)

 通称『妙見様(みょうけんさま)』とも呼ばれる主祭神・北辰妙見尊星王(ほくしんみょうけんそんじょうおう)は、天の中央を定位とする北辰(つまり北極星と北斗七星)の御神霊であり、諸星諸神・方位方角を支配する尊い星の王であると讃称されており、 その絶大なる霊力を人間界に投射することにより、人間の星(=人間の運命)や全ての方位を守護・掌握する神様であると古来より伝えられております。
古事記の冒頭に 「天地初めて開けし時に成りませる神の名は天之御中主神」とあることから、天の中心に位置される北辰妙見尊星王と天之御中主大神(あめのみなかぬしのおおかみ)とは同一の神様であると考えられています。
この北辰妙見尊星王は道教・陰陽道や易学・九星気学・風水学の根幹となる特殊神であり、あらゆる守護能力を発揮する神様として、庶民間に広く尊崇されております。

【右図は千葉妙見大縁起絵巻に残る妙見様のお姿】

【相殿神】経津主命 ならびに 日本武尊命

 経津主命(ふつぬしのみこと)は、現在の境外末社・香取神社(千葉神社東側・和田病院裏)の御祭神。この香取神社の境内地(通称・香取山:かんどりやま)を割譲して、主祭神である妙見様が御鎮座することになったという経緯により、相殿として祀ることになったという伝えです。
 日本武尊命(やまとたけるのみこと)は、関東守護の御祭神。没した時に白鳥に化身して北天(=妙見様のもと)に旅立ったという伝説があることから、北の方角から訪れる妙見様の神使として一緒にお祀りされたという説がありますが、正確な詳細は伝わっておりません。