厄除開運・八方除の妙見様の御本宮

千葉神社

妙見本宮千葉神社

神事

神事

七夕祭

2016年の七夕祭

千葉神社の御祭神・妙見様は、そのお姿が天の星々の中心である北極星であることから、人の星=人の運命を司り、人々の願いを叶えてくれる神様であると伝えられています。それと同じく織姫星・牽牛星に願いを掛ける「七夕祭」も、古来日本から現代に続く風習の一つです。当社では6月30日の夏越大祓式を終えた夕方、御神前に笹竹を設置します。7月7日までの一週間は、御賽銭箱脇に用意された短冊を御使用いただき、どなたでも願い事を書いて吊るすことができます。
七夕祭は7月7日午後5時より、近隣より小さなお子様方も多数参列された上、皆様方のお願いが天に届くようにと祭典を執り行います。祭典の後も笹竹はそのまま翌朝まで御祀りし、翌朝より忌火にて焚き上げて煙にして空へと送ります。

BACKTOP