厄除開運・八方除の妙見様の御本宮

千葉神社

妙見本宮千葉神社

千葉神社について

お知らせ

【4/3~4/8】外出自粛要請と
当社対応について

 千葉県では4月2日、新型コロナウィルス感染拡大を防止するべく県知事より外出自粛要請が出されました。この4月4日(土)より 4月12(日)に掛けては、平日の夜間および休日の日中について「不要不急の外出自粛」が求められています。しかし「不要不急」という言葉は判断基準が曖昧で、皆様一様に判断に困るところだと思います。
 神社に訪れる方は、屋外での参拝や殿内での御祈願など、様々なお心持ち・それぞれの理由があった上で、御神前に手を合わせにいらっしゃることと思います。これを必要と考えるのか・不要不急と考えるのか、一概に断定することは難しいと考えます。
 当社では、感染拡大防止の観点と神社の意義そのものとを合わせて神職議論の末、生命維持に不可欠な食料の確保・病院への通院などは「必要」であり、延期できる事がらであればそれは「自粛すべき」こと、との結論に至りました。
 例えば、初宮詣であれば千葉の古い風習では「男児は生後32日目・女児は33日目」との習わしがあります。それが現代では、「仕事が休みの週末にずらす」「赤ちゃんが早産で保育器に入っていたので、90日過ぎにいらっしゃる」「予定していた日取りに赤ちゃんが風邪を引いたから1週間ずれた」など、シキタリの日数を厳しく考えず、日にちを延期しても良いという寛容な考え方が主流です。
 故に「御家族が事前に日取りを選んで決めた御祈願」であっても、それが延期できるのであれば外出自粛要請に従って、延期を強くお勧めしたいと考えます。

  • 上記を踏まえ、4月3日時点での当社の変更事項を以下にまとめました
  • 4月7日の非常事態宣言発出を受け、最新の対応はコチラに変更となっています

当社の採る三つの原則・方針

  • 建物内での滞留時間を最小限にすること
  • 物理的・空間的な距離をとること
  • 物を介した接触を極小にすること

御賽銭を納めてのお参りについて

  • 土日/平日の対応に差は設けません
  • 通常通りお参り可能ですが、神殿の神聖護持のため、御賽銭箱を屋外へ移動します

窓口での対応
(お札・お守り・御朱印について)

  • 土日/平日の対応に差は設けません
  • お札・お守りを求める事は、通常通り可能です
  • 御朱印は、御持参の御朱印帳への書き込みは、一切取りやめとします
  • 御朱印は、半紙でのお渡しか、当社の新しい御朱印帳でのお渡しか、2通りに限ります

手水や御神水
「延寿の井(えんじゅのい)」について

  • 土日/平日の対応に差は設けません
  • 物理的接触を減らすべく、柄杓(ひしゃく)は全て撤去します

御祈願について

  • 御祈祷の御本人に着用いただく「妙衣(みょうえ)」は、取りやめとします
  • 安産祈願で持参腹帯のお祓い希望の場合、御自身でお持ちいただいての参列とします
  • 土日/平日は、希望者の混雑に大きく差が有るので、以下の通り土日/平日で対応に差を設けます

平日の御祈願について

  • 平日は御祈願の希望者も少ないため、混雑せず、各人の距離が十分とれると考えます
  • ゆえに通常通り、9:00~16:00の間におおよそ20分の間隔で執り行います
  • 待合ロビーは屋内で、受付後長くても20分程度の待機となります
  • 御祈願にて参列される拝殿は屋内で、御祈願自体も20分程度となります
  • マスクを着けたまま御祈願にご参列が可能です(不敬にはあたりません)
  • ロビーも拝殿も、窓や出入り口が常時開いている「半密閉空間」です
  • 御祈願奉仕以外、神職・巫女は終日マスクをつけてご奉仕しています
  • 品薄な現状から、アルコール消毒液の備えは残念ながらございません
  • 必ずマスクをつけてお越しください
  • 軽微な風邪症状でも少しでもあれば、御来社は厳にお控えください

土日の御祈願について

已むを得ず延期できず、御祈願にお越しの方については、以下の対応となります

  • 御祈願の受付を、通常の玄関内から、玄関左手の窓口へと変更します
  • 窓口にて御祈願の受付用紙を作成し、初穂料をお納めいただきます
  • 御祈願の待合は、屋外での待機・待ち合わせとなります
  • 御祈願の準備が出来次第、玄関前でお呼び出しします
  • 屋内に入れるのは、成人なら祈願者本人のみ、初宮詣なら親子3人まで、とします
  • 御祈願は一度に12組までを上限とし、神殿内での各人の距離を確保します

待合ロビーでの待合を禁止とし、屋内に入れるのは以下の方に限定します

  • 呼び出しをされた御祈願のご本人
  • トイレの使用、おむつ替え、授乳室利用の方
  • 御祈願ののち、記念写真の撮影を希望される方
BACKTOP