厄除開運・八方除の妙見様の御本宮

千葉神社

妙見本宮千葉神社

神事

神事

節分祭
令和4年2月3日

撒豆行事の様子

節分祭とは、新年の年明けを控えた大みそかの日に、厄や疫病の象徴であった「鬼」を追い払うことで一陽来復・厄除開運・病魔退散を願った神事がその始まりです。旧暦では大みそかでしたが、新暦に代わった現代では2月3日に執り行われます。
当社では、19時より1階金剛殿で祭典を行ったのち、二匹の鬼を追い祓う神楽舞「鍾馗追儺(しょうきついな)の舞」へ進みます。神職・総代・巫女をはじめ福男・福女、自ら応募した一般奉仕者・若人奉仕者らは、逃げた鬼達を追いかけて社殿2階・北斗殿の高欄に進み、そこから福豆・福銭などの縁起物を撒いて鬼を祓います(撒豆行事)。鬼達が祓われると皆が金剛殿に戻り、恵比寿様・大黒様を招いて御加護をいただく神楽舞「福神の舞」へと続き、祭典を納めます。
祭典途中の撒豆行事では、縁起物を目当てに訪れる人出で境内は毎年埋め尽くされ、撒かれる縁起物に両手を伸ばす人波が左右に揺れ動く様は圧巻です。

【令和4年2月3日】節分祭について

2月3日に行われる第99回節分祭について、密集回避・感染症拡大予防の観点から、以下の変更を決定しました。

  • 豆まき神事と巫女舞は、残念ながら休止と致します
  • 神職による神事ならびに神楽舞のみ、執り行います
  • 神事は例年より早く、16時30分より執り行います
  • 境内は平時と同様、18時の閉門です

その他、窓口にて「福豆」(御守含む、500円)を一月中旬より頒布します。
(例年より数多く準備していますが、なくなり次第終了となります)

BACKTOP